ニッポン人、Bossa Novaに出会う。 - ボサノバ来襲編 -

Jul 22, 2008May 19, 2020

さて、日本に初めて本格的なボサノバを持ち込んだのは、サックス・プレイヤーの渡辺貞夫だと思われます。彼は1962年にアメリカ・ボストンのバークリー音楽学校へと留学します。

1962年!

アメリカのジャズ界に、スタン・ゲッツらの手によってボサノバが持ち込まれ、暮れにはニューヨークでブラジル音楽コンサートが行われた、まさにその年です。

で、山下洋輔が『アントニオ・カルロス・ジョビン―ボサノヴァを創った男』という本(とても良い本です)に寄せた文章によると、ナベサダはこの時期、アメリカのジャズマン、ゲーリー・マクファーランドたちとツアーを回ったりしていたそうです。

マクファーランドと言えば、スタン・ゲッツと共にアルバム『Big Band Bossa Nova』を発表した人。ナベサダは、この人を通じてボサノバに触れたのかもしれません。

アントニオ・カルロス・ジョビン―ボサノヴァを創った男

1965年に渡辺貞夫は帰国。

そして1966年からBossa Novaを演奏したアルバムを何枚もリリース。一大ボサノバムーブメントを巻き起こす事になります。

そうなると、何事にも貪欲な日本の歌謡界。

1967年に、その渡辺貞夫をコンポーザーに迎えて、本格的なボサノバ歌謡が誕生するのです。

白い波 - ユキとヒデ:1967

ユキとヒデの「ヒデ」の方は、この後すぐパートナーを変えて「ヒデとロザンナ」として活動します。ヒデとロザンナは、日本屈指のボサノバ(あるいはボサノバ調)の名曲をいくつも残す事になります。

イタリーの休日 - ヒデとロザンナ

彼らのファーストアルバム『イタリーの休日』(1969)には、『愛のひととき』『真夜中のボサノバ』『サルデニヤのカモメ』『ベニスの夜』など、ボサノバナンバーが並んでいます。

1968年には、フォークシンガーからのボサノバへのアプローチ。森山良子とズー・ニー・ヴーの共作『雨あがりのサンバ』がリリース。パヤパヤ歌ってますが、おそらくアストラッド・ジルベルトの影響が大なのかな、と。

ちょっとだけ後になりますが、1970年、よしだたくろうのアルバム『青春の詩』に収められた『雪』という曲も、ボサノバのフレーバーがほんのりと漂ってきます。

雨あがりのサンバ - 森山良子:1968
雪 - よしだたくろう:1970

そしてこの時期、絶対に外せないアーティストが加山雄三。

加山雄三は1968年、映画・若大将シリーズの第11作『リオの若大将』に主演。その劇中歌などを収めたアルバム『君のために』を発表します。これに収められた楽曲のうちいくつかは、本当に素敵なボサノバ。ボサノバ「調」なんてことは言わせない。ボサノバを完全に自分のものにしてしまっています。

たぶん、映画『リオの若大将』にしても、加山雄三が「オレ、ボサノバやりたいから舞台をリオにしようぜ」なんてことで決まった企画なのではないだろうか。まずボサノバありき。そんな気がします。

君のために - 加山雄三:1968

『ロンリー・ナイト・カミング』『かわいい君』『リオの夕暮』『暗い波』など。特に『暗い波』は出色の出来。あまりの出来の良さに本職のボサノバアーティストのカバーなんじゃないかと疑ってみたりしたのですが、作曲は全て弾厚作、つまり加山雄三本人。

恐るべし、加山雄三。

この時代(1960年代末)、ほかにもこんなボサノバ歌謡がヒットしました。

私の好きなもの - 佐良直美:1968
br>   
別れのサンバ - 長谷川きよし:1969

さて本国・ブラジルでは、この時代辺りでBossa Novaの灯は潰えてしまいます。

しかし日本では、70年代に入ってますます素晴らしいボサノバJ-POPが生まれてゆくのでした。続きはコチラ

関連記事

タグ