Hipbone Slimにハマる。

Jun 05, 2022

ストレンジャー・シングス シーズン4でちょこっとだけ流れたHipbone Slimなるアーティストの『Legless』という曲が格好良い。以下のアルバムに収録されています。

Hipbone Slim vs Sir Bald:2013

"Hipbone Slim"。なにせ初めて聞く名前で、これが個人名なのかバンド名なのかも定かではないので調べてみたけれど、あまり情報が見当たらない。とりあえず、各所に散らばる断片的なプロフィールをまとめると…

  • Hipbone SlimことSir Bald Diddleyは英国人。
  • 2000年代から活動。
  • Hipbone Slim and The Knee Tremblers(〜The Kneetremblers表記も)、Hipbone Slim And His Crown Toppers、Louie & The Louies、The Kneejerk Reactionsなど、様々な名義で作品を発表している。
  • どのプロジェクトでも、だいたいBruce Brandというドラマーとコンビを組んでいる。
  • このBruce Brandさんが叩くドラムが超絶素晴らしい。

…と、こんな感じ。

彼(ら)のアルバムを片っ端から聴いてみると、どの作品からもロックンロールやロカビリー、ブルースやリズム&ブルース、サーフサウンドだったりニューオリンズだったり、そういった古き佳きノリノリのサウンドが聴こえてきます。

良い。

2022年現在、デジタル配信などで容易に手に入るアルバムの中で最新はこれだろうか。

Toppermost Sounds Of...Hipbone Slim and His Crown Toppers:2019

で、ドラマーのBruce Brandは、1980年代末から2000年くらいまで活動したUKのガレージロックバンド・あのThee Headcoatsでドラムを叩いていた人だそうだ。

ヘッドコーツも素敵なアルバムを幾つも出しているけれど、好きなのはこれ。黒くてパンクでとにかく格好良い。

Conundrum - Thee Headcoats:1994

どうよ、この疾走感。

関連記事

タグ